犬が苦手だった文豪・芥川龍之介。そこには納得の理由が…