「爪切りを嫌がる猫」と「そうでない猫」がいる理由