後遺症で「イカ耳」が治らない「猫」仲間の理解を得て保護猫たちの里親として生きる