「野良猫」として生きたブナーの最期