ミーは鏡に異常といってもいいほど興味を示した。