夜間の睡眠を評価することで猫の「痛み」が見えてくる