「生きる理由」を運んできてくれたサビ猫ちくわ