「世界を敵に回してもねこを愛してる」を読んで、夫とのわかりあえない“溝”を感じた件